• 介護請求ソフト導入で法改正や制度改正時も安心

    介護事業者は様々ありますが、請求業務は必ず発生する仕事です。

    大きな施設や事業所では、事務専門の職員もいますが、個人事業者や小さな施設では、利用者への対応から請求などの事務処理まで行わなければならないところも多々あります。
    そのような場合に、事務処理全般を請求ソフトで行うことは時間短縮や業務の負担軽減にもつながります。

    介護では、制度改正や法改正が頻繁ともいえるほど多いものです。
    ソフト未導入の事業所では、さらに業務の負担が増え間違いも多くなることが確認されています。請求ソフトを導入することにより、改正時でもバージョンアップを行えば済むため間違いもなくなります。
    バージョンアップに関しては無料で行う運営会社が多いので、導入する際には、使いやすさや事業所で必要とする機能の有無、無駄な機能のないソフトを選ぶことです。



    導入したばかりの段階では、不明なことや操作方法について知りたいことが多いため、そのような時にすぐに電話がつながること、回答をすぐにもらえるなどのサポート体制を優先して決めると便利です。

    nanapiで快適な暮らしを実現しましょう。

    また、サポートに関して料金が発生するものと無料のものがあることも知っておくと良いでしょう。
    中規模以上の事業所では、ヘルパーの稼働実績から給与計算、日報や月次集計、それに加え売上集計や統計、さらには口座引き落としのデータ連動により一元管理が可能なソフトに人気が高まっています。



    このような介護請求ソフトの月額料金は、多少高めの設定にはなっていますが、便利な機能がたくさんあるため使いこなすことによって料金以上の働きをしてくれるのです。

  • サポート情報

    • 介護施設では、従業員が高齢者や障害者などの日常生活の世話をしています。高齢者や障害者が自らの力で日常生活を遅れるようにサポートしているところも多いです。...

  • 納得の真実

    • 介護保険事業所が利用者に利用者負担部分の請求を行う際には、注意をしなければいけない点が有り、請求ソフトの導入も利用もその点を踏まえて決定しなければいけません。請求書の発付及びその請求に基づいての領収書の発行は、特に領収書に関しては必ず行う必要があります。...

  • ためになる情報

    • 公的な介護保険制度では、利用者が属する保険者からの給付分とその利用者が負担をする自己負担部分とで成り立っています。このとき、保険者への請求に関しては国民健康保険団体連合会いわゆる国保連を通じての請求となり、通常はその国保連から伝送ソフトの利用を勧められるため、その導入を行って対応をすればほぼ問題はありません。...

  • 企業の実態

    • 介護施設の運営は非常に難しいものとなっています。介助などの業務を行う際にはその相手の介護等級に応じたサービスを提供しなければならず、またそのサービスの提供を行った後でその内容を記録しこれに応じた点数を計算した後、所定の期間に請求書を送付するといった作業が必要になります。...